妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、8年間乗ってきた車を買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。

いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で決めました。

帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。


中古カービュー車査定業者を利用したほうが良かったのではないかといまさらながらに後悔したものでした。
買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。



高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、なんだかんだとゴネて当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。



そんな額では納得できないと断ろうとすると、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送や保管の費用だなどと言って支払いを求める手口も報告されています。
その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、大抵の会社では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、結果を導き出す方法です。こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の価格競争が起こるので最終的な査定金額が高くなることが期待できます。中古車を買う時に気になるのは、年式はもちろんですが、走行距離ということになりますよね。



一般的に、中古車の走行距離はというと、1年間で1万km程度と考えていいと思います。



そうすると、10年乗って10万kmほどの走行距離が一般的な中古車の走行距離になります。
名前を伏せて診断をしてもらうことができない理由として一番大きなことは、盗難に遭った車や、犯罪に利用された車だった際に、大問題であるからです。そういったケースの車を調査判定してしまった場合、買い取る業者までがトラブルに見舞われる見込みが出てきます。



この不確かさを確実にしないために、名前を伺わないまま時価の決定は行いません。

なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少々の傷やへこみ等は、減点対象として査定されないことがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。
触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや大きなへこみがあるケース、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。中古車の買取を行う店舗は、以前と比べてあちこちに見られるようになっています。

中古車の買取を専門業者に依頼するときは、必ず契約を守るように気をつける必要があります。
契約をキャンセルすることは、一般的に受け入れられないので、留意しなければなりません。車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構あります。
一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、きちんとした手続きを踏む必要があります。
それには名義人の印鑑証明書と譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人契約という形で売却できます。記入要件があるので、ネットでダウンロードすると良いでしょう。


また、その車がもし信販会社の名義でしたら、事実上売却不能です。ローンを返済し終えて名義を変更する必要があります。

車を売る時には必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。買取に必須の書類は車検証はもちろん、保険料納付書や車庫証明がそうですね。

車に付属しているマニュアル(取扱説明書)がある場合も、査定額アップが期待できます。


入手に意外と時間がかかるのが車庫証明の書類ですので、後で急いで用意するようなことが無いように、早めに行動した方が良いですね。
乗っている車を売ると心に決めたら、最初にした方が良いことといったら、今のところ車が一体どれくらいの査定相場なのか分かっておくことです。相場が分かっていることによって異様に安く買い取りされる危険性をグッと低下させることができますし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。インターネット上に中古車の一括査定サイトがあるので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。