いま乗っている車を業者に買取依頼するときは、何とか少しでも高額に良い値をつけてもらいたいものです。
お店側との駆け引きにあたり、「現場で納車できる」ということは、売り手側のプラス材料になるようです。ということで、査定の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も揃えておくことを推奨します。


車の買取りをお願いする場合、だいたいの値段を知りたいと思うこともあるでしょう。



では、買い取りの一般的な数字は知ることが出来るものなのでしょうか。

結論から話せば、だいたいの平均値は分かるものなのです。ただ、本当にかかる下取り価格とは多少違いがあると思ってください。

下取りをする時期にもよりますし、個々の自動車の状況にもよるので、必ず、調べた価格で買い取られる訳ではありません。天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しになってマイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、見落としやすいからこそ拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。


自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は晴天ではさらに美しく見えます。査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしても同じくらいのメリット、デメリットを有するので、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

長年乗った車。

高く売るつもりはなくても、安値で買われるのはイヤですよね。だったら、手間をかけてでも、複数の見積りを取り付けると良いでしょう。

営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。

さらにその場で少し上げてくれるかも。いわゆる営業マジックです。

あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないはずです。というわけで、もう1社いきましょう。営業マンには複数の会社から見積りを取っていることを伝えて頑張ってもらい、納得できる売却先を選ぶことで、気持ちもすっきりするはずです。


車を手放す際には、車査定とディーラー下取りのどちらかを選択する方が多いと思います。どちらの買取額が高いかというともちろん、愛車の状態にもよりますが、買取額が高くなる可能性のある車査定がおすすめです。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。


また、新車の購入代金から買取額を値引くという方法で、価格を提示されますから、交渉が難しくなり、愛車の価値がはっきりしません。

ですので、ディーラー下取りよりは車査定を選ぶ方がより高額で買い取ってくれる可能性が高いと言えます。私の住んでいるところは漁港にほど近い港町です。窓からは広く海を見渡せて、暑い夏には涼しい潮風が吹き、それなりに、快適に過ごしているのですが、難点もあって、潮風で車がボロボロになってしまいます。以前住んでいた山ばかりの場所では、車が錆びてボロボロなんてことはおそらくなかったことです。
今の愛車は車の下取りに出して、新しく次の車を手に入れたいです。

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年にだいたい1万キロというのが相場です。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。



総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。愛車を買取に出す場合、一社だけでなく複数の業者の査定を受けるのが鉄則ですが、業者の選定後、その他の業者には断りの文句をどうすればいいか思いつかない人もいるでしょう。

しかし、断る方法は単純で、他社の方が買取額が良かったのでと告げればそれで十分です。
この際、業者の名前や買取額を言っても問題ありません。


それから、一社一社と個別にやりとりするのが面倒に感じるなら、はなから同時査定を受けるのが楽です。車を査定する際、事故車であると認められた時は、普通より悪い査定となることがほとんどです。

とは言え、事故車である事実を伏せているようなことは諦めた方がいいでしょう。

なぜかと言うと、嘘をついた後に事故車であるとバレてマズい状況に巻き込まれる姿が容易に想像できるからです。
車買取業者は、それを生業にしているので、事故車でないとシラを切っても程なくバレてしまいます。気持ちよく進めるためにも、嘘偽りなく申し出た方が良いでしょう。



家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。まず売買契約に必要な書類のほかに、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。
ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。


したがって、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。