中古車の査定、売却の時に必要なものを挙げてみます。売却したお金を振り込むための銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきましょう。取扱説明書やスペアキーがあれば査定金額が上がる可能性もありますので、ちゃんと用意しましょう。もし、事故車であった場合などには売れるのかどうか迷うこともあると思います。「次は新車にしよう」と計画しているのならば新車の購入先のディーラーへ下取り依頼するのがスムーズに行えると思います。カービュー車査定業者に持ち込んだ場合、普通買い取ってもらう時のように年式、走行距離、そして部品状況などにより価格に差異が出てきます。
現行のタイプで部品が全て純正であれば割と高い値がつけられます。
車の売却査定を依頼する際は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。


ただし、業者が決まって売却するにあたっては、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、婚姻による氏の変更や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。
中古車屋に売ると決めたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。



車の買取において、走らなくなった車でも価値を認定してもらえるのかは多くの方が気にする点かと思います。
もう動かない車であっても、外車と違って日本車は優良なパーツ取りの需要もあり、一定の需要が望まれる場合が多いので、いくらかでも有料で買い取ってもらえる場合はあるでしょう。



動かなくなった車を専門に扱う業者もありますから、断念せず探してみることが大事です。

中古車を売るなら、何とか少しでも高額に良い値をつけてもらいたいものです。業者さんとの掛け合いにあたり、「即座に納車できる」ということは、売り手側のセールスポイントとなるようです。ということで、査定の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も揃えておくことを奨励します。

車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを言い渡されることがあるかも知れません。



万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、査定時に何か見落としがあったというならば売る側に何も責任は無いでしょう。
業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。名義人の違う車を売る場合は、手続きや必要書類はどうするのでしょうか。
通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が必要になります。
そのほかにも名義人の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も揃えておく必要があったりします。
自分の車を売売却するときに比べれば、少し面倒になります。

この間、知り合いのUSED CAR販売業者の方に、12年使用した車を下取りのため見てもらいました。私的には、廃車寸前だと言うことで、価値があるのかどうか不安でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。

あとで、その車は修理したのち代車などに使われという話です。父が14年ほど乗ったワゴン車を買い換えることになりました。ちょっとした知り合いのカービュー車査定業者に、車の方を見定めてもらうと、年数もずいぶん経っているし、劣化しているとのことで、廃車にする方が良いと言われてしまい、買取りを行ってはもらえませんでした。

しかし廃車にすると諸費用もかかるので、父は愛車を車買取業者に引き取ってもらうことにしていました。査定の専門家にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、低く査定されるのを恐れて「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、嘘をついてしまったという事実でお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。


その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起こっても仕方ありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。