中古車の買い取り時、注意しなければいけないのは、悪徳業者との取引を行わないことです。

みんなも知っているような会社なら安心ですが、他に支店のないようなお店は、気を付けるべきです。一度、悪徳業者と売買してしまうと、車を渡してしまったあとに代金が支払われないということもあります。

車の買い換えですが、最近では、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。


ところで一つ気にしておきたいことがあり、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合にはそれを申告する義務があるとされています。この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、契約成立してからや、買い取りが済んでいてさえ事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。

中古車を購入する場合気になってしまう条件といえば、年式に加えて、走行距離になるでしょうね。



一般的に言って中古車の走行距離とは、1年間で1万kmくらいと思われます。

そうなれば、10年乗って10万kmほどの走行距離が一般的な中古車の走行距離になります。



中古車を売るなら、少しでも売り手有利に買い取ってくれればありがたいものです。業者さんとの掛け合いにあたり、「目の前で納車できる」ということは、売り手側のセールスポイントとなるようです。


ということで、値段交渉の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書の持参を推奨します。自分は以前に乗用車の買取を依頼したことがあります。私に限ったことではなく、多くの売り手の方は買取時の査定価格を高くしたいと思うはずです。
そのためには車の専門誌やインターネットの買取サービスなどを使用して、よく買取価格の相場を掴んでおくことが必要だと思います。その結果、高く買い取ってくれる可能性が上昇すると思われます。車の買取査定額を高く評価して貰う方法として、多くの人が最初に思いつくのが洗車でしょう。

ピカピカに洗車をした状態で査定をしてもらうことにより印象が良くなり、査定する際の金額が上がります。



その時に、ワックスをかけておく必要もあります。それに加えて、車内の脱臭をするのも重要な事項です。ペットやタバコの臭いによりマイナス査定となるので、脱臭は必要不可欠です。

車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、どうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、しばしば起こりうる失敗です。

だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをいま一度はっきりさせておきましょう。査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。車の売り買いを自分で行うと、売却手続きも購入手続きも、自分でしなくてはならないので、相当な時間と労力の消耗になります。でも、自動車の価格評価であれば、プロにまるっきり頼ってしまえるため、たやすく車を売ることができるでしょう。

但し、あくどい手段で儲けようとする車買取の業者も話にでますので、周りの人の評価をよくよく調べたほうがいいでしょう。

諸事情でまとまったお金が必要になり、昨年の7月ごろに日産エクストレイルを売ろうと考え、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。一括査定サイトを利用し、最も高い見積もりを出してくれた業者の方に教えてもらった話なのですが、買取する季節も、重要な査定ポイントだということでした。


私の場合、買い取ってもらった日産エクストレイルがアウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。
ですので、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車体の色や車種などの基本的なスペック、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車内の臭いや内装の状態確認、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。


これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、売却希望者に査定額が提示されるのです。